再就職先を見つけるために大事なこと

①自分が職場に求めることは何なのか、よく考える

「スキルアップしたい、看護師として上をめざしたい」と考えて選ぶのと、

「お給料はそこそこでいいから、毎日楽しく、働きたい」と考えて選ぶのとでは、

選択肢がまったく変わってきますよね。

 

②求めるお給料の最低ラインはいくらなのか

これによって、自分が妥協すべき項目が、絞られてきます。
高額な報酬を求めるのであれば、ある程度、責任の重い仕事や、体力的にハードな仕事を選択する必要があります。

 

③自分の適性や能力、体力をよく見極めること

医療の世界は日々進歩していますので、ブランクの年数によっては、かなり勉強する必要がありますし、看護師のお仕事は一般的にはハードなものが多いので、年齢を重ねていれば、体力的に無理な場合もあります。
ブランクがない場合の転職に比べると、ブランクがある場合は、自分の看護師としての力量を把握しにくいというリスクがあると言えます。

 

 

私自身、自分自身の体力や能力を過信して、再就職先を決定し、

ついていけずに1年ほどで退職したという苦い経験の持ち主です。

 

この経験により、二度目の再就職の際には、

パート業務から開始して、自分の能力や体力と仕事内容を照らし合わせながら、正社員へとシフトしていくという形をとりました。

 

もちろん、これまでの経験や実力が豊富な方なら、すぐにスキルアップを目指すことも可能です。
しかし、そうでない場合には、かなりの決意と覚悟が必要だと、理解しておいたほうがいいかもしれません。

© 2019 看護師 ブランク 復帰 rss