誰に相談すればいいのかわからないときは、地域包括支援センターへ

地域包括支援センターは各市町村に置かれている、高齢者に関する総合相談窓口です。

その地域に住んでいる高齢者が住み慣れた地域で安心して生活していけるよう、
専門の知識を持った職員が、その地域に住む65歳以上の高齢者やその家族を対象に支援を行います。


地域包括支援センターの高齢者自身や高齢者家族にとって役割は

総合相談

高齢者に関する幅広い相談を受け付けており、
必要に応じて自宅への訪問、社会サービスの紹介を行います。

権利擁護
高齢者虐待や詐欺の予防、早期発見、対応、そして成年後見制度の利用のサポートなど、
高齢者が安心して生活していけるよう支援をします。


社会福祉士、保健師、ケアマネジャーが在籍しており、
各専門職が相互に、また他機関と連携して支援を行います。


「家族の介護で困っている」
「お隣のおばあちゃんの様子が最近おかしいんだけど…」
「もしかしたら詐欺にあったかもしれない…」

 

など、高齢者に関する不安がありましたら相談してみてください。
必要に応じて他の機関なども紹介してくれます。

© 2019 介護施設の種類一覧 rss